打刃物の歴史

刀匠鍛冶の伝統を受け継ぐ山形の打刃物は、今から約660年程前、(西暦約1350年頃)に最上氏の始祖である斯波兼頼が山形に入部した折、召抱えの鍛冶氏たちをつれて来たのがはじまりといわれます。
以来、各城主の厚い保護をうけ、武器や農具などを生産していました。明治以降は、主に鎌や鍬、鋏などの小農具を製造し、現在、山形打刃物工業組合の組織のもと、伝統の技と新しい技術を生かして高品質の刃物を生産、用と美を兼ね備えた打刃物として高い評価を得ています。
【 トップページ | 包丁 |  |  | 小刀 | 鋏・鍬・鉈 | 山形打刃物の歴史 | 会員名簿 】